話題のアンチエイジング素材

2017.02.28

 

健康意識の高いオーストラリアで話題のアンチエイジング素材を発見しました。

日本と同様に、オーストラリアでもチアシードやアマニなどのスーパーフードが人気です。

 

その中で特に脚光をあびている素材は・・・

 

ターメリック!

 

別名ウコンとも呼ばれていて、日本ではこちらの名前で馴染みがあるかもしれませんね。

二日酔いに効果があることが知られていますが、実はこの二日酔い防止(肝臓の働きを助ける)以外にも健康を保つ、ある効果が期待されています。

 

それはアンチエイジングに欠かせない「抗酸化作用」です♪

 

抗酸化作用とは、活性酸素に対抗する力です。

活性酸素は体の中に常にあるものですが、増えすぎると細胞が酸化によりダメージを受け、老化や生活習慣病の原因物質になることがわかっています。アンチエイジングにはこの酸化から体を守ることが大切です!

抗酸化作用を持つ成分としてポリフェノールが有名ですが、ターメリックに含まれるクルクミンという成分もポリフェノールの一種です。

このクルクミンが持つ強い抗酸化作用がアンチエイジングに効果があると期待されています。

また、根や茎には、高い殺菌効果があるため、漢方の生薬としても昔から利用されていたり、アーユルヴェーダというインドの伝承医学にも載っていたりと、意外と長い歴史を持つ健康食品です。

 

オーストラリアでは、コールドプレスジュース、ポテトチップスやジェラートと、カレーやサラダなどといった惣菜ではなくジュースや菓子に使われていました。

 

その中でもジェラートは、オーストラリアンにとって切っても切り離せない関係。

夕食後のシメはコーヒーではなく、ジェラートなのです!

コーヒー屋さんは15時に閉まるのですが(これもびっくりです!)、ジェラート店はなんと0時近くまで開いています。

オーストラリアンにとっては無くてはならないスイーツ。そのジェラートにターメリックが使われているということは、注目されている素材であることが伝わります。

 

日本でも徐々に認知されて始めてきており、昨年の夏あたりにターメリックラテというドリンクがSNSで話題になっていました。ココナッツミルクやアーモンドミルク、しょうが、シナモン、はちみつなどを入れたものにターメリックをプラスしたものです。

ターメリックは少しクセのある味なので、この様にはちみつなど他の素材との組み合わせを楽しみながら取り入れてはいかがでしょうか♪

一覧へ戻る
  • お客様の声
  • Q&A
  • ご利用ガイド
  • 会社紹介