食べるチークで血色美人に

2018.01.31

東京都心では4年ぶりに20cmの積雪になるなど、寒い日が続いていますね。
寒いとどうしても肩に力が入り肩こりになったり、血のめぐりが悪くなりますね。

血を運ぶ役割の、鉄分。
皆さん、しっかり補えていますか?
特に女性は不足しがちなので意識して摂る必要があります。

今回は、血色美人には欠かせないほうれん草をピックアップします♪

 

ほうれん草で天然チーク効果


ほうれん草は鉄分を多く含む野菜です。
鉄が不足すると、鉄欠乏性貧血を起こし、疲れやすい、頭痛、動悸、食欲不振などの症状を引き起こします。鉄は肺から取り込んだ酸素を全身に運ぶ役割や体の隅々に栄養を行きわたらすというとても大事な役割があります。

鉄不足で血色の悪い顔になっていませんか?

寒さで体が冷えているとさらに血の巡りが悪くなるうえ、そもそも鉄が不足していては体に栄養がいきません!
しっかりと鉄分を補って、体内から「天然チーク」効果を生み出していきましょう♪

 

美肌づくりにも



ほうれん草はペルシャ原産の野菜。
ペルシャの気候が冬に似ているため、ほうれん草の旬は12月~2月くらい。

1年を通して販売されていますが、冬のほうれん草はじっくりと成長するため、ビタミンCが1年で最も多く含まれています
7月の含有量10mg/100gに比べ、2月は70mg/100gと7倍もの差があります。

2月のほうれん草は、1束(300g)でレモン10個分(1個20mg)のビタミンCを含んでいるため、鉄分に加え、美肌効果の期待できる野菜です。

 

生姜やにんにくと一緒に



薬膳の面からみると、ほうれん草は涼性の野菜に分類され、体を冷やす効果があります。
体の熱を取ってくれるので、熱があるときには良いのですがこの時期に生で食べるのはあまりお勧めしません。
茹でる・炒めるなど火を入れたり、生姜やニンニクなどの温める食材と一緒にとるとバランスが取れます。

また、体を潤す効果があり、口が渇きやすい、顔や唇、舌が乾燥している方にはおすすめの食材です。
特に大腸に効いてくる食材なので、便秘に悩んでいる方にはぜひ摂っていただきたい食材です。

今夜のおかずは、ほうれん草のニンニク炒めやほうれん草カレーでいかかでしょうか?(^O^)

一覧へ戻る
  • お客様の声
  • Q&A
  • ご利用ガイド
  • 会社紹介