2021.03.01

抹茶 は 栄養 たっぷり!日本の生まれのスーパーフード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抹茶は、インバウンドの効果もあり、そのまま〈MATCHA〉と表記されるほど世界的にも人気となりました。


お茶を飲む習慣は世界各国で見られますが、抹茶のように茶葉をまるごと粉末にしているお茶はとても珍しいものです。抹茶が人気なのは、日本を代表する味であることや、ヘルシーさも人気の理由だそうです。

日本人にとっては昔から馴染みのあるものですが、改めてその豊富な栄養成分について学んでいきませんか。


 抹茶 は「日本生まれのスーパーフード」!その高い 栄養 とは?


スーパーフードは、『一般の食品よりもビタミンやミネラル、クロロフィル、アミノ酸などの必須栄養素や健康成分を多く含む、主に植物由来の食品である』と定義されており、抹茶はその栄養価の高さから、ジャパニーズスーパーフードとも言われています。

抹茶はカリウムカルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、亜鉛、ビタミンB1・B6、ビタミンCがなどの栄養が豊富。
特に、カテキンテアニンといったお茶特有の栄養成分に注目です。

カテキン・テアニン・ビタミンについて、少し詳しくお伝えします。

カテキン
赤ワインなどに含まれるポリフェノールのアンチエイジング効果が話題になりましたが、カテキンも、そのポリフェノールの一種お茶の旨みと渋みのもとになるタンニンを形成する成分です。脂肪とコレステロール、そして活性酸素を抑制する作用があるとされ、アンチエイジングだけでなくダイエットの側面でも注目されている成分です。
またカテキンの種類の一つ、エピガロカテキンガレートには、インフルエンザの原因となるウイルスに作用し、感染を防ぐ働きがあるという研究結果も多数でています。

テアニン
お茶のほんのりとした甘さのもとになる旨み成分で、脳の興奮を抑え、神経をリラックスさせる働きがあります。お茶を飲むと気持ちが静まりほっとするのは、そんなテアニンの作用によるものとされています。また、健やかな眠りをサポートするとして、テアニンが配合された機能性表示食品も多数販売されています。ストレスの多い働く女性にとって取り入れたい栄養素のひとつです。

ビタミン
肌トラブルを防ぐビタミンB群や美肌サポートに欠かせないビタミンCが豊富で、他にも、肌のバリア機能を高めるビタミンE、潤いをもたらすビタミンAなど、茶葉をまるごと粉砕した抹茶には他のお茶に比べてビタミン類も豊富です。

 

特にビタミンCは、免疫力アップにもかかせない栄養素で、抗酸化作用と酵素を助ける作用を持つ栄養素です。血液中の白血球の働きも助けます。白血球には体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体を死滅させるはたらきがあり、ビタミンCが豊富だと白血球の能力が高くなると考えられています。

 

 

新型コロナウイルスが流行している、今。免疫アップはキーワードですね。
抹茶には、先行きの見えない不安を落ち着かせたり、ストレスを解消にも有効な成分が含まれています。

美味しくてアレンジしやすい上に、改めて健康パワーも期待できる抹茶。特別な時にだけ飲むのではなく、いろいろアレンジして食生活に取り入れたいものですね♪

一覧へ戻る